メタポリックシンドロームとは?



メタポリックシンドロームとは、内臓脂肪の蓄積が原因で、糖尿病や高血圧、高脂肪症などの生活習慣病を発症しやすい状態をいいます。

内臓脂肪とは、内臓の回りに付着した余分な脂肪のことです。

内臓脂肪が100uを越えた場合で、ウエストが男性85cm、女性90cm以上の人です。

肥満には皮下脂肪がたまる「洋なし型」と、内臓脂肪がたまる「りんご型」があります。

メタポリックシンドロームを放置すると、動脈硬化になるリスクが高くなり、心臓病や脳の病気の起因となります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。