ストレスとメタボリックシンドロームの関係


大きなストレスを感じている人は、ストレスの少ない人に比べてメタボリックシンドロームになる率は高くなり、男性では二倍、女性ではさらに多いという結果があります。

ストレスがあると、食べることや飲酒で紛らわすことがあります。

その結果、内臓脂肪が増大し、腹囲が男性では85cm、女性では90cm以上になる率が高まります。

ストレスが多く、ハラハラ、イライラすると、交感神経が刺激されて、心臓は強く収縮して自分でもドキドキと感じます。

このとき、血管にも多くの血液が強く送り込まれます。

すると、血管にかかる圧力は高くなり、高血圧の誘引や悪化につながります。

ストレスがあると、体内は戦いの折に有利な状況に設定されます。

戦い続けるためには、血液中にすぐに使えるエネルギー源である糖や中性脂肪が用意されます。

つまり、血糖値は高くなり、血液中の中性脂肪も多くなりがちです。

この状態が長く続くと血管の壁に脂が蓄積し、動脈硬化になり、たがては心臓疾患や脳卒中へと進みやすくなるのです。

内臓脂肪が増えると、大型になった内臓脂肪細胞からはいくつもの物質が分泌され、それらが血圧や血糖値や血液中の中性脂肪値を上げることもあります。

そのため、ストレスによる過食や、多量の飲酒による肥満が、すべて悪化されます。

そして、心臓疾患や脳卒中の予備軍ともいえるメタボを増加させます。

ストレスはメンタルの問題だけにとどまらず、身体の状況にも大きくかかわります。

上手な発散方法を身につけたいですね。

普段から気をつけたい食生活



野菜をを摂る

葉菜、根菜を取り混ぜて、ビタミンやミネラルを摂りましょう。

玄米を摂る

白米よりも食物繊維を多く含む玄米や雑穀を食べましょう。

青魚を食べる

鯵(あじ)、鯖(さば)、鰯(いわし)などの青魚に含まれるEPAやDHAは中性脂肪を減らしたり、血栓を出来にくくする作用があります。

揚げ物は、植物性油にはコレステロールを減らす働きのある脂肪酸を含むものもありますが、油は高エネルギーです。

肉の脂身

ひれ肉、もも肉、肩ロース、ばら肉の順に、エネルギー量、脂質とも多いので、脂身の少ない肉を摂るようにしましょう。

糖分

得に精白された砂糖は吸収されやすく、血糖値が上がりやすくなりますので、控えるようにしましょう。

アルコール

アルコールはエネルギーが高く、栄養はほとんど含まれていません。中性脂肪が増えやすいので、量を控えるようにしましょう。

塩分

高血圧を予防するための、塩分摂取量は1日10g以下です。
posted by venus at 10:52 | 普段から気をつけたい食生活

メタポリックシンドロームになってしまったら



運動を積極的に行いましょう

落としにくい皮下脂肪に比べて、「つきやすく落ちやすい」内臓脂肪は、適度な運動で消費エネルギーを増やして燃焼させましょう。

早足で毎日、できるだけ長時間歩く散歩を習慣にするとよいでしょう。

また、普段からエレベーターやエスカレーターを避けて、できるだけ階段を歩く癖をつけましょう。

バスを利用する場合は、最寄の駅の一つ手前で降りて歩くなどの軽い運動を習慣づけると肥満予防、解消につながります。

禁煙、節酒、睡眠(質のいい眠り)、ストレスをためないなど、毎日心がけましょう。

生活習慣のチェック



自分の生活習慣を振り返り、危険性がないかをチェックしましょう。

□食事は毎回満腹になるまで食べる

□よく間食をする

□料理に砂糖をよく使う

□濃い味付けの料理を好む

□緑黄色野菜をあまり食べない

□アイスクリームを好んで食べる

□階段を使わず、エレベーターに乗ってしまう

□運動の習慣がない

□ストレス解消にお酒をよく飲む

□タバコを吸っている
posted by venus at 10:43 | 生活習慣のチェック

メタポリックシンドロームとは?



メタポリックシンドロームとは、内臓脂肪の蓄積が原因で、糖尿病や高血圧、高脂肪症などの生活習慣病を発症しやすい状態をいいます。

内臓脂肪とは、内臓の回りに付着した余分な脂肪のことです。

内臓脂肪が100uを越えた場合で、ウエストが男性85cm、女性90cm以上の人です。

肥満には皮下脂肪がたまる「洋なし型」と、内臓脂肪がたまる「りんご型」があります。

メタポリックシンドロームを放置すると、動脈硬化になるリスクが高くなり、心臓病や脳の病気の起因となります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。